【SV】ストリートビューをQRコードに変換

Googleストリートビューを紙媒体と連携させよう Googleストリートビュー

ストリートビューと紙媒体を連携しよう

Googleストリートビューには様々な活用方法があります。


ストリートビュー活用方法

1  営業ツールとして活用する(住宅展示場、レンタル会議室、ウェディングプランナー等)
2  HPに組み込んでHPを充実させる(全ての企業や店舗)
3  人が映り込んで話題作り(リクルートサイトなど)
4  店舗の強みを公開して差別化を図る(キッズスペースやバリアフリーなど)
5  問合せ対応業務の改善(飲食店の個室やレンタル施設の開示など)
6  紙媒体との連携(チラシやパンフレットのコンテンツ充実など)

今回はその中でも 6  紙媒体との連携(チラシやパンフレットのコンテンツ充実など) について具体的な方法についてご案内していきますね!!

ストリートビューと紙媒体との連携事例

WEBサービスであるGoogleストリートビューと、チラシやパンフなどの紙媒体とを連携させる一番簡単な方法がストリートビューのQRコード変換です。

以下はデジタルハリウッドさんが運営する「Smart Work」が福井県大野市街ならびに、同市の企業結のまち越前おおのと協力し、越前大野の50店舗にGoogleストリートビュー屋内版サービスを導入し、QRコードを活用した事例です。

越前大野ぶらりパノらマップ

越前大野ぶらりパノらマップ

商店街のお店をストリートビューでそれぞれ撮影してQRコード化して散策マップに印刷しているんですね~ナイスアイデアですよね!
スマホさえあれば、散策している街の様子をよりリアルに知ることが出来ます!

簡単!QRコードへの変換方法とは?

それでは早速、GoogleストリートビューをQRコードに変換する方法をご紹介します。方法はいたって簡単ですし、もちろん無料で変換・利用できます!!

①まずはQRコードにしたいストリートビューを開きましょう

Googleマップでお店を表示させて、左下にあるサムネイル(小さな画像)をクリックします。ぐるりと円を描くような矢印がついている写真画像がストリートビューのサムネイルになっています。

Googleマップでお店を表示させて、左下にあるサムネイル(小さな画像)をクリックします

②お好きなシーン(QRコードに変換したいシーン)に移動しましょう。

矢印をクリックして移動したり、画面をぐりぐりして回転させたりできますよ~
お好きなシーンが決まったらストリートビュー画像の左上にある3つの点々(ドット)をクリックしましょう。

お好きなシーン(QRコードに変換したいシーン)に移動しましょう

③QRコードに変換するURLをコピペしましょう。

開いたポップアップ画像の中から「画像を共有または埋め込む」をクリックして・・

開いたポップアップ画像の中から「画像を共有または埋め込む」をクリック

共有リンクをコピーしましょう!これでQRコードを作成する準備は完了です。

共有リンクをコピーしましょう!これでQRコードを作成する準備は完了です。

 

④QRコード変換サイトを開きましょう

ここではデンソーウェーブさんが運営する「QR Code メーカー」をご紹介します。すごく便利なサイトですよ!
※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です

デンソーウェーブさんが運営する「QR Code メーカー」をご紹介します

①URL欄に先程コピーしたリンクURLを張り付けてください。
②QRコード作成ボタンをクリックすると図の様にQRコードが作成されます。
③ダウンロードしたい形式を選んでからダウンロードボタンを押してQRコード画像をダウンロードしましょう。

できました~

このQRコード画像をチラシやパンフレット、名刺など紙媒体に印刷すればストリートビューと紙媒体の連携が完成です!
ぜひご活用くださいませ。