【SV】Googleストリートビュー撮影時の注意事項って?

ストリートビュー撮影時の注意事項 Googleストリートビュー

屋内版Googleストリートビュー撮影を予約された店舗オーナー様、撮影日が楽しみですね。

また、期待と同時に、
「撮影時の注意点は?より良い写真のための事前準備は?」
「当日は無駄なくスムーズに進めたい」
と考えている方も多いと思います。

この記事では、Googleストリートビュー認定フォトグラファーであるMONOLISIX野田が、実際に数多くのお店を撮影した経験を元にそのコツを説明します。

映したくないものは隠そう!

GoogleMAPへ公開したあとに

「あっ!あんなものが映ってる」
「あれは映したくなかったな……。」

など後悔しないようにあらかじめ映したくないものは隠しておきましょう!

個人情報がわかるもの

撮影時に気を付けることは、まず「個人情報」です。

屋内版Googleストリートビュー撮影は床や天井など360度全て鮮明に写ります。
注意しないと「個人情報」まで鮮明に写ってしまう場合があるのです。

ここで、ある老人施設の例をご紹介いたします。

例えば部屋番号の下に入居者様の名前が記載されていますよね。
そういった情報も映ってしまいます。

その他入居者様の顔が映っている思い出写真などが廊下に貼ってあったりすることもあります。
そういったものを映したくない場合は撮影前に隠すか、外しておくのがベストでしょう。

この個人情報に注意する施設は「老人施設」「塾」「学校」「病院」「幼稚園」などがあります。

掃除道具など雰囲気にそぐわないもの

撮影時や公開後の屋内版Googleストリートビューをみて「ここの部分だけ消してくれませんか?」
ということがよくあります。

例えば、

「机の上にあった書類が映っている……。」

「掃除道具が映っている……。」

「カレンダーが映っている……。」

しかし、屋内版Googleストリートビューの写真は非常に複雑なので、普通の写真のように加工することができません。

お金を払えばやってもらえるということでもないので、一発勝負だと考えてください。
施設内を万全な状態で写せるよう、あらかじめ余計なものは片付けておきましょう!

ちなみにあらかじめ片付けていただけている と撮影もスムーズに進むのでカメラマンとしても非常に助かります。

お店のイメージが伝わるよう準備しておこう

イメージ通りの写真を撮ってもらうには 事前の準備も大切です。

【ポイント】

・カメラの角度によっては微細なホコリが光って目立ってしまうことがあるので、掃除を徹底しましょう。

・花瓶の花や観葉植物など あれば枯れていないかチェックしましょう

・飲食店だとお客様のイメージできるようにテーブルセッティングを しましょう

・看板は「営業中」へしておきましょう。

・外観・内観のライティングも営業時間と同じにしましょう

といったポイントに注意して準備すればより きれいに 撮影できますので参考にしてください。
カメラの角度によっては微細なホコリが光って目立ってしまうことがあるので、掃除を徹底しましょう。

撮影当日の注意事項をチェックしよう

人の映り込みや撮影の見学をする際の注意事項をチェックしましょう。

スタッフやお客様も写る場合

皆さんがよく目にするGoogleストリートビューは、人の顔には必ずボカシがかかっています。
Googleストリートビュー屋内版でもこれまでは人の顔に必ずボカシをかける必要がありました。

しかし!

2015年9月からGoogleストリートビュー屋内版は人の顔にボカシをかけなくてもよくなりました。

最近では、お店の雰囲気だけでなく「人の雰囲気も伝えたい」と、あえて人の顔を出して撮影する店舗様も増えてきています。
これを「映り込み撮影」と言います。

ただここで注意事項がございます。

下の例をご覧ください。

人がぶれて写ってしまっています……。

なぜかと言うと

専門的なお話になるのですが、
屋内版Googleストリートビューの撮影時 は一眼レフカメラで1方向 につき明るさの異なる写真を3枚、それを4方向撮影します。

3枚×4方向で1か所合計12枚撮影する訳です。
この12枚の写真を合成して最終的に1枚のパノラマ写真にします。

つまり、撮影中に動くと仕上がりのパノラマ写真がブレてしまうのです。
映り込み撮影をご検討の方は撮影時はカメラが1周するまで動かないように気を付けてくださいね。

4.ガラスや鏡に注意!

撮影時に注意するのがガラスや鏡です。

撮影を見学される際は、 鏡やガラスにも ご注意ください。

下記の例をご覧ください。

外観撮影時なのですが、よく見るとガラスにカメラが写っているのがわかります。

店内での撮影や自撮りのときにご経験があるかと思いますが、鏡やガラスに思いがけない人や物が写ってしまうことがありますのでご注意ください。

もうひとつは店内の鏡 です。
こちらも撮影時にご注意ください。

注意する施設は「中華料理屋の厨房」「美容室」「ガラスが多いお店」などがあります。

まとめ

本日は屋内版Googleストリートビューの撮影時に注意することをご紹介しました。

すべて小さなことではありますが、注意しないと見せたくないものをGoogleマップ上に公開することになってしまします。

今回ご紹介したポイントに注意して準備すればより魅力的に撮影できますので参考にしてくださいね。