MEO対策が重要な理由を様々なデータから考えよう

MEO

スマホの飛躍的な普及とインターネットの高速化で、必要としている情報を、誰もが「いま」「その場所」で手に入れることが出来るようになりました。

これまではチラシやポスティング、グルメ雑誌などの紙媒体やクチコミ・紹介などなどの「アナログ」といわれる手法を重要視されていた店舗オーナー様も『スマホを意識したWEB集客』を無視できない時代になっています。

 

 

今回は、そのWEB集客の中でも「MEO対策」の重要性について、根拠となるデータを元に考えていきましょう。

そもそもMEO対策ってなに?というかたはこちらのMEO対策とは??という記事をご参照ください。

MEO対策が重要な理由を様々なデータから見てみよう

MEO対策が重要な理由を様々なデータから見てみよう

 

さて、MEO対策とは「マップエンジン最適化」対策を意味しています。ここでいう”マップ”とは”Googleマップ”のことですね。
さらにいうと・・MEO対策はGoogleマップまたはGoogle検索において、ローカル検索された際にお店のマイビジネスが上位表示されるようにするための対策なのです。

このことから「Yahoo!で検索された時は関係ないんじゃダメだよね~」って言われることがあるんです。

こういったご意見を頂いた際には弊社では「たしかにYahoo!やbingなどの検索においてはMEO対策は役に立ちません」とお答えしたうえで「それでもやったほうがいいんです!」と自信をもってお伝えしています。

なぜなら、Googleサービスにおける対策を十分にするということは、すなわちネット検索で情報を得ようとしている人たちのほとんどに対して対策を行っているという意味になるからです。

それでは分析データからその根拠について確認していきましょう!

検索エンジンのシェア(パソコン)

下図は2017年10月~2018年10月の1年間における検索エンジン(パソコン)利用率データです。

検索エンジンシェア(パソコン:日本)

検索エンジンシェア(パソコン:日本)

参照元:statcounter Search Engine Market Worldwide

Googleが70.25%に対してYahoo!は21.27%、bingが7.64%、その他が0.84%となっています。Googleのシェアが圧倒的に多いことがわかりますね。

検索エンジンのシェア(スマホ)

次に2017年10月から2018年10月の1年間におけるスマホの検索エンジン利用率データです。

検索エンジンシェア(スマホ:日本)

検索エンジンシェア(スマホ:日本)

参照元:statcounter Search Engine Market Worldwide

こちらもGoogleのシェアが圧倒的に多く72.41%を占めています。パソコンのシェアより少し多いですね。
日本で利用されているスマホはiPhoneまたはアンドロイドスマホがほとんどですが、アンドロイドが採用しているのはもちろんGoogle検索です。またiPhoneについてもサファリのデフォルト設定はGoogle検索になっていますのでシェアの高さは当然と言えますね。

顧客行動データ

次に商品やサービスを購入する顧客の行動データからMEO対策の重要性を確認していきましょう。

商品購入やサービスの利用とスマホ検索は密接に関係しています

参照 Think with Google|マスターズ オブ モバイル : 日本レポート

スマホは店舗への来店や商品の購入のきっかけになっています。

日本人の65%は商品を購入する前にスマホで情報を収集しています。また店舗で商品を購入しようとするその時でさえ53%が情報収集しているようです。すごいですね。

スマホで店舗を直接検索した場合はもちろん、ローカル検索(間接検索)した場合も、かなりの確率でローカルパックが画面上に表示されるのですから、ここからもMEO対策が現代人の商品購入において重要であることが分かります。

ローカルスリーパックについてはこちらの記事にてご確認ください。

 

3人にひとりがローカル検索をしている事実

参照 Google internal data, April 2016

参照 Google internal data, April 2016

 

Google検索では 月間 10億件以上のローカル情報が検索されています。スマホ検索における検索キーワードのうち30% 以上が 近隣地域のビジネス/サービスに関する検索となっているそうです。

まとめ

あなたのお店はローカル検索でみつけられているでしょうか?
お店がみつけられた際には、最新のそして最適な情報を提供できているでしょうか?

 

・ほとんどの人がスマホを使っている

・スマホ検索の70%以上はGoogle検索である

・60%以上の人が来店する前ににスマホ検索をしている

・スマホ検索する3人にひとりがローカル検索をしている

これらの事実から確認できるとおり店舗ビジネスにおいても、WEB対策、とくにスマホ対策は必須と考えていいでしょう。

その対策の中でも費用対効果が高く、比較的競争率がまだ低いと言われる「MEO対策」。

弊社のMEO対策「MONOLISIX-MEO」はローカル検索の順位を高めることはもちろん、Googleマイビジネスの最適化やお店のブランディングにも力をいれている、他社とはすこし違ったサービスをご提供しています。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ!

スポンサーリンク