Googleマイビジネスを分析しよう【インサイト機能】

Googleマイビジネスインサイト Googleマイビジネス

 

はじめに

ほとんどの人がスマホを使い、手軽にインターネットを活用できる時代になりました。

もちろんお店探しにもスマホが使われます。

みなさんも一度はGoogle検索やGoogleマップでお店を検索した事があるのではないでしょうか?

そして、スマホで検索した際に最上位に表示されているのがGoogleマイビジネスなのです。

MEO

そのため、WEBを使った店舗集客にはGoogleマイビジネスの運用が不可欠となっています。

そんなGoogleマイビジネスですが、店舗のオーナーは『自分のお店がみんなに見つけてもらえているのか?』や『どうしたら集客につながるのだろう?』と気になるかと思います。

Googleはそういったオーナー様の為にGoogleマイビジネスを分析する為の【インサイト】という機能があります。
Googleマイビジネスを運用していく際にGoogleの提供するインサイトを分析する必要があります。

今回は、そのインサイトの見方や分析方法などを詳しく解説します。
さらには、Googleマイビジネスを運用する際のコツもご紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネス

 

Googleマイビジネスについて詳しくは、Google公式サイトを引用した以下をご確認ください。

Googleマイビジネスとは
Google マイビジネスは、さまざまな Google サービス(Google 検索や Google マップなど)上にローカル ビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツールです。

実店舗に顧客を迎え入れてサービスを提供するビジネスや、エリア限定でサービスを提供するビジネスを営んでいる方は、このツールを活用すればユーザーにビジネスをアピールすることができます。Google でのオーナー確認を済ませているビジネスは、ユーザーからの信頼度が倍増する傾向があります。

見込み顧客の視点に立って考えてみてください。お客様の店舗から 3 ブロックほどの場所にいる見込み顧客が、あるサービスを提供しているお店が近くにないか探しており、そのサービスがお客様が提供しているものとちょうど一致していたとします。こうした見込み顧客は、看板を見たり友人から聞いたりしてお客様のビジネスのことを知っているかもしれませんが、Google でそのサービスについて検索する可能性もあります。そのときにビジネスの存在をアピールできるかどうかが重要です。

Google マイビジネスにビジネス情報を登録して管理すれば、取り扱っている商品やサービス、店舗の場所をユーザーに知ってもらえる機会が増え、ビジネスに関する問い合わせも増加する見込みがあります。

”Googleマイビジネス公式サイト(Googleマイビジネスについて)”

【GMB】Googleマイビジネス1(基本知識&情報登録)

2017.07.16

Googleマイビジネスの公式サイトに記載されている通り、Googleマイビジネスを閲覧しているユーザーは見込み顧客です。
しっかり運用して、リードを獲得していきましょう!

Googleマイビジネスの機能

Googleマイビジネス管理画面

上図はGoogleマイビジネスの管理画面です。
Googleマイビジネスの管理画面には様々な機能があります。

項目は以下です。

・ホーム
・投稿
・情報
・インサイト
・クチコミ
・写真
・ユーザー

今回は、その中でもインサイトにピックアップして解説します。

インサイトとは

インサイトとは

お客様のビジネスが見られた数やその検索方法の割合、検索キーワードなど『お客様のGoogleマイビジネスの通知表』を確認するツールです。

Googleマイビジネス公式サイト(インサイトについて)

こちらの動画もご確認ください

インサイトで確認できる項目は以下です(2019年4月時点)

インサイト情報で確認できる項目

①検索クエリ(検索語句)

②検索方法と検索数(直接検索・間接検索・ブランド名)

③検索に利用したGoogleサービスとリスティング(表示)数(Google検索・Googleマップ検索)

④ユーザーの反応

⑤ルートのリクエスト

⑥通話数(曜日・時間帯)

⑦写真の閲覧数(オーナー投稿・顧客投稿)

⑧写真の枚数

次に各項目について解説します。

インサイトの各項目について

インサイト情報 各データ

 

実際の画像を使い各項目について説明します。
今回は下関市のある美容室の事例を使い説明いたします。

①検索クエリ(検索語句)

インサイト検索クエリ

検索クエリ(語句)では、お客様のお店を見つける為に使用されたキーワードを確認できます。

※1 過去1週間、1か月間、3か月間に使用されたクエリデータを確認できます。
※2 上位10個のクエリデータが表示されます。10位以下のクエリも確認できます。

1番多く見つけてもらったクエリは『下関 美容室』で、1か月間に90回見つけてもらえたというデータになります。

下関市にある美容室になりますので、適切なキーワードで見つけてもらえている事がわかりますね。
もし、思いもよらないクエリで検索されていた場合は、マイビジネスのカテゴリーを確認してみてください。事業内容に適していないカテゴリーになっている可能性があります。

②検索方法と検索数(直接検索・間接検索・ブランド名)

検索方法と検索数

検索方法と検索数では、お客様のお店が見つけられた数と見つけられた検索方法を確認する事ができます。

※1 過去1週間、1か月間、3か月間のデータを確認できます。

インサイトで確認できる検索方法は『合計検索数』・『直接検索』・『間接検索』・『ブランド名検索』の4項目があります。
図右側の緑(直接)・青(間接)・黄色(ブランド名)をクリックすると、各検索方法ごとに検索数と割合(%)を確認する事ができます。

基本的には『合計検索数』・『直接検索』・『間接検索』の数や割合を確認するといいです。

図のデータでは、過去1か月間に検索された合計検索数が2,148だったとういう事がわかります。

また、添付した図からはわかりませんが、

直接検索数は322(15%)
間接検索数は1,822(84.8%)というデータがわかります。

インターネットでお店を探す検索の約80%が間接検索だと言われています。

競合他社がいないニッチなお店や巷を賑わせている有名店でないのであれば、マイビジネスのインサイトも80%以上を目指しましょう。
もし、80%以下の場合はローカル検索の順位(MEO順位)が低い事が原因で見つけられていない可能性があります。

MEO対策とは?【わかりやすく解説します】

2017.09.03

 

補足説明

検索方法について

1. 直接検索

直接検索とは、店舗名や施設名、住所を直接調べる検索方法です。

2. 間接検索

間接検索とは、提供している商品やサービス、またはカテゴリーで検索し、関連するお店や施設を調べる検索方法です。

例)『下関市 美容院』・『近くのガソリンスタンド』など

3. ブランド名検索

ブランド名検索とは、お客様のブランド名や、お客様のビジネスと関連のあるブランド名で調べる検索方法です。

例)『近くのマクドナルド』など

③検索に利用したGoogleサービスとリスティング数

検索に利用したGoogleサービス

検索に利用したGoogleサービスとリスティング(表示)数(Google検索・Googleマップ検索)では、お客様のお店を見つける際に利用したGoogleサービスとその表示数を確認できます。

※1 過去1週間、1か月間、3か月間に利用したGoogleサービスと、その数を確認できます。また日ごとのデータも確認できます。

店舗や施設を探す際に利用されるGoogleサービスは2つです。

1. Google検索(通常インターネット検索をするGoogleサービスです)

Google検索

2. Googleマップ検索

Googleマップ

図のデータでは、過去1か月間にマイビジネスが表示された合計表示数が2,777で、その内訳は
Google検索から1,854
Googleマップから923だったというデータとがわかります。

このデータは、日(曜日)ごとに確認する事ができる為、何日(何曜日)に需要が多いのかを確認する事でき、広告やイベントをする場合などの指標になりますね。
また、このデータで注目するのは、先ほど説明した【②検索方法と検索数(直接検索・間接検索・ブランド名)】との関係です。

②のデータ 合計検索数(2,148)
③のデータ 合計表示数(2,777)

2,777回店舗名が表示され、そのうちクリックしGoogleマイビジネスを閲覧されたのが2,148だったというデータになります。

そのため、CTR(クリック率)は77.3%となります。

Googleが公式に『スマホでお店を検索した50%以上がお店に来店する』というデータを発表しています。

つまり、クリック率を上げると来店者数も増えます。
クリック率を上げるコツは写真やクチコミを増やし、マイビジネスの見た目をよくすることです。

【MEO】マイビジネスの写真枚数を増やしましょう!

2018.02.13

【MEO】クチコミを増やす裏ワザって?

2018.02.05

④ユーザーの反応

マイビジネス ユーザーの反応

 

ユーザーの反応では、ユーザーがマイビジネスを見つけた後のアクション数と、どのような行動をとったのかを確認する事ができます。
インサイトで確認できる行動は『ウェブサイトへのアクセス数』・『ルートの検索数』・『電話をかけた数』の3項目です。

※1 過去1週間、1か月間、3か月間のデータを確認できます。

図右部分から各項目のアクション数を確認する事ができます。

1. ウェブサイトへのアクセス数
Googleマイビジネスからウェブサイトへアクセスした。
2. ルートの検索数
Googleマイビジネスから店舗までのルートを確認した。
3. 電話をかけた数
Googleマイビジネスから電話の発信をした。(スマホ限定)

図のデータでは、過去1か月の合計アクション数は106回で、その内訳は
ウェブサイトへのアクセスが57回
ルート検索が26回
電話をかけたのが23回だったというデータとなります。

⑤ルートのリクエスト

Googleマイビジネスルートのリクエスト

ルートのリクエストでは、ユーザーがルート検索をした地域とその数がわかるようになっています。

※1 過去1週間、1か月間、3か月間のデータを確認できます。

図のデータでは、過去1か月間にルート検索をしたユニークユーザーは13で、ルート検索をした地域はすべて下関市だったという事がわかります。

④のルート検索した数と違うのがわかると思います。ルートのリクエストでは、ユニークユーザーの数を出します。
つまり、ルート検索数は26だったが、その内の13回は同じ人が2回以上ルート検索をしているという事となります。

新規がどれくらい増えたか?という点ではユニークユーザー数が大事ですね。

⑥通話数(曜日・時間帯)

Googleマイビジネス電話数 Googleマイビジネス電話数時間帯

通話数では、マイビジネスから店舗へ発信をした数を、曜日や時間帯ごとに確認する事ができます。

※1 過去1週間、1か月間、3か月間のデータを曜日や時間帯ごとに確認できます。

図のデータでは、過去1か月間の合計通話数は21で、
一番多い曜日が水曜日で5回
一番多い時間帯が14時と15時で各4回というデータになります。

ユーザーからの通話数が最も多い曜日や時間帯を知ることができます。

⑦写真の閲覧数(オーナー投稿・顧客投稿)

■すべての写真
Googleマイビジネス写真の閲覧数■オーナーが投稿した写真
写真閲覧オーナー
■顧客が投稿した写真
写真閲覧顧客

写真の閲覧数では、マイビジネス内の写真の閲覧数をオーナーが投稿した写真と顧客が投稿した写真と分けて、日ごと(曜日)に確認する事ができます。
さらには、同業他社(同じカテゴリー)との比較も表示されます。

※1 過去1週間、1か月間、3か月間のデータをオーナー投稿写真と顧客投稿写真ごとに確認できます。

図のデータでは、過去1か月間に6,185回表示され、その内訳は
オーナーが投稿した写真の閲覧数が5,244回
顧客が投稿した写真の閲覧数が941回だったとうデータとなります。

オーナーが投稿した写真が多く見れれているのがわかります。
また、②の検索数(2,232)のデータと照らし合わせると、Googleマイビジネスを見た人は平均で2.7枚写真を閲覧しているとなります。

 

⑧写真の枚数

Googleマイビジネス写真の枚数

写真の枚数では、マイビジネスにある写真の枚数をオーナーの投稿数と顧客の投稿数で分けて確認する事ができます。
さらには、同業他社(同じカテゴリー)との比較も表示されます。

図のデータでは、オーナー投稿の写真が60枚で、顧客が投稿した写真が9枚だとわかります。

リードを獲得する際に、ページの滞在時間が長ければ長いほど来店率は上がります。
その為、写真の枚数が多いほど集客にもつながります。
しかし、写真は興味をもってもらえる写真でないと意味がありません。

どの写真に興味をもってもらえているのか?
このデータはGoogleマイビジネスの機能『写真』から確認する事ができます。

どのような写真に興味や好意を持たれているのかを確認し、定期的に整理整頓しましょう。

マイビジネス 写真

 

【MEO】マイビジネスの写真枚数を増やしましょう!

2018.02.13

まとめ

今回、Googleマイビジネスを運用する為に欠かせない、インサイトの分析方法と見方を説明しました。
インサイトはWEBで集客をする際のヒントとなるデータを無料で提供しています。
しっかりと、項目の見方と意味を理解し、集客につなげていきましょう。

しかし、そもそもGoogleマイビジネスの表示順位が低く見つけられないと運用しても効果が出にくいです。
ローカル検索の表示順位を上げる対策を『MEO対策』と言います。

こちらの記事も是非、参考にしてください。

MEO対策とは?【わかりやすく解説します】

2017.09.03