MEO対策の効果|見込み客へのリーチ率が5倍以上になります

MEO対策の効果 MEO

MEO対策をはじめとする、インターネットを活用したマーケティング手法を「WEBマーケティング」と呼びますが、この「WEBマーケティング」の目的はたったひとつ「売り上げの向上」です。

MEO対策を実施すると、その「売り上げの向上」に直接的に影響する様々な効果を得られるのですが、今回はその効果のひとつである『見込み客へのリーチ率の向上』について解説していきます。

WEBマーケティングも「立地条件」が重要

例えば、あなたが店舗型ビジネスのオーナーで、今回新しくお店をオープンするとします。

下図の AB ならあなたはどちらの通りを選びますか?

MEO対策の効果

 

答えはBですよね?

特殊なビジネスモデルの場合を除き、店舗オーナーならば「人通りが多い通り」を選ぶはずです。

理由はいたってシンプルで、『立地条件』が店舗型ビジネスの成功において重要な役割を担っているからです。

実はMEO対策を行う意味はここにあるのです。

WEBという世界でMEO対策を行いローカル検索結果上位3店舗(3パック)に選ばれるようにするということは、リアルな世界において人通りが多いエリアに引っ越すことと、ほぼ同じ意味になります。

3パックにランクイン ≒ 人通りの多い場所に出店

 

しかも人通りの違いが5倍以上で・・さらに店舗の前を通る人達がそもそも「来店動機」が高い人たちであったとしたらいかがでしょうか?

売り上げは変わりませんか??

それでは、このイメージを共有したうえで、より具体的な事例に進んでいきましょう。

MEO対策導入半年後に見込み客へのリーチが約10倍に

下図はMONOLISIX-MEOを導入して頂いてから8ヶ月経過したある焼肉屋さんの分析データです。

縦が「検索数」、横が「検索月」となっているこのグラフですが、青いグラフが右肩上がりに伸びていることが分かります。
この青いグラフが見込み客へのリーチを表す「ローカル検索数」です。一方でそれほど変化が見られない緑のグラフは「直接検索数」となります。

このローカル検索数を最大化することがまさしくMEO対策であると言っても過言ではありません。

ローカル検索回数 = 見込み客に見つけられている回数

だからです。

あなたのお店のローカル検索順位を高めて3パックにランクインさせることで、いま行きたいお店を探している来店動機が高い見込み客に見つけられやすくする(リーチ率を高める)のです。

こんなイメージになりますね。

MEO対策の効果

 

先程事例としてグラフを見て頂いた焼肉屋さんの場合はグラフが示す通り半年でローカル検索数が約10倍となったことで、新規来店率が大幅に改善しました。もちろん美味しい焼肉店なのでそもそもリピート率が高かったので売上も新規来店率に比例して伸びていきました。

ちなみにMONOLISIX-MEO全ユーザーの平均値ではローカル検索数の伸びは半年間で5倍以上となっています。

まとめ

本記事ではMEO対策の効果のうち「リーチ率の向上」について解説させていただきました。

繰り返しになりますが、MEO対策を実施してローカル検索順位を高めることで、あなたのお店が”来店動機の非常に高い見込み客”に見つけられやすくなります。せっかく素晴らしい商品やサービスがあっても・・最高のおもてなしをしてくれるスタッフがいたとしても・・・お客様にみつけられにくい立地条件にお店があったとしたら「もったいない」と思いませんか?

ぜひMEO対策を活用してあなたの素晴らしい商品やサービスを「いま必要としている人たちに」届けてください!