YMYLとは?Googleが重要視するSEO指標を解説します

YMYLとは?Googleが重要視するSEO指標を解説します SEO

SEOって難しい言葉が多すぎますよね?
数あるSEO関連の難しい言葉のなかでも、最近特に目にするのが「YMYL」です。
「詳しい内容は知らないけど、まあいいや」という方も多いと思いかもしれません。

でも実は「YMYL」はGoogle検索品質評価ガイドラインにて定義されているほどなので、
現在のSEO対策において絶対に理解しておくべき内容なんです!

本記事では「YMYL」について、実際の検索例を交えながら解説していきます。

YMYLとは

YMYLについて

(参考)General Guidelines

「YMYL」はGoogleの検索品質評価ガイドライン内で定義されている言葉です。
「Your Money or Your Life」の頭文字をとった略語で、直訳すると「あなたのお金、またはあなたの人生」という意味になります。

結論から伝えると
「お金や生活に関わるWEBサイトは、人生そのものに大きな影響を与える可能性がある」という考え方です。

WEB上にはたくさんの情報が存在していますが、正しい情報もあれば、間違った情報もあります。
この間違った情報の影響で、人生が台無しになったり、取り返しのつかないことになったりということが起こりえます。

このような背景からGoogleはお金や生活に関わるWEBサイトを「YMYL」と定義づけ、特に厳しく取り締まっています。

 YMYLに当てはまるサイトとは?

YMYLについて

(参考)General Guidelines

それでは、実際どのようなページ(WEBサイト)が「YMYL」に当てはまるのか見ていきましょう。
「YMYL」に該当するページはGoogleの検索品質評価ガイドラインにて以下のように記されています。

1.ニュースと時事問題
国際的な出来事、ビジネス、政治、科学などの公的機関に関するページ

2.市民生活、政府機関、法律問題
公的機関による社会的サービス、選挙情報、日常生活における法律問題

3.金融情報
資産運用や税金、住宅ローンなどに関する財務アドバイス、ECショップやオンライン送金できるWEBサイト

4.ショッピング
商品やサービス情報を提供しているページや比較サイト、ECショップ

5.健康と安全
医療問題や薬、健康、緊急時の安全・防災情報などについてアドバイスや情報を提供しているページ

6.人種に関する情報
人種または民族的出身、宗教、障害、年齢、国籍、性的指向について情報提供や主張をしているページ

7.その他
進学、就職、住宅購入、健康など人生における大きな決断にかかわるページ全般

このように様々なWEBサイトが「YMYL」の対象になっています。
2、5、7は特に幅広いので注意が必要です。

それでは逆に、「YMYL」に該当しないサイトとはどんなものか見ていきましょう。

YMYLに当てはまらないサイトとは?

「YMYL」にあてはまらないサイトは以下のようなものです。

1.エンタメ系サイト(芸能ニュース等)

2.趣味に関するサイト

つまり、お金や生活に関連しないサイトが「YMYL」にあてはまらないものになります。

とはいえ、個人的な趣味や育児のブログでも、Amazonや楽天の商品を紹介していたり育児のお役立ち情報を紹介していたりすると「YMYL」になり得ます。
また、芸能ニュースは読者のYMYLには関係しませんが、画像を勝手に使用したり炎上を煽るようなことを書いたりすれば法律に触れる可能性がありますので注意しましょう。

有効的なYMYL対策について

有効的なYMYL対策について

「YMYL」に関連するページに有効的な対策は、ユーザーに高品質な情報を伝えることです。

Googleでは高品質なサイトを「E-A-T」(専門性・権威性・信頼性)という言葉で定義しているのですが、正確な情報を深堀りした記事が充実しているサイトのことです。

つまり、YMYL対策=E-A-Tを高めるということなのです。

YMYLジャンル実際の検索例

それでは実際に「YMYL」の対象となっているジャンルを検索してみましょう。
本当にE-A-Tの高いサイトが検索上位に位置しているのでしょうか。

例1:検索キーワード【離婚】

離婚

検索順位1位は探偵事務所のAkai探偵社のオウンドメディア、離婚の手続きに関する記事です。

離婚目次

離婚の手続きに関してだけでなく、離婚のデメリットや相手に離婚を切り出す方法など、離婚の決断の大きさを再度認識するためのサイトにもなっています。

さらに慰謝料や養育費の相場、離婚裁判で勝つために必要な証拠など離婚に関する記事の情報量が豊富であることがわかります。

検索順位2位の行政書士事務所と3位の法律事務所もそれぞれオウンドメディアとなっていて、1位のAkai探偵事務所と比べても遜色ない内容となっています。

やはり、その道のプロが提供する情報のほうが、E-A-Tが高いと判断されるようです。

例2:検索キーワード【救急車】

救急車

検索順位1位は一般社団法人広島市医師会の救急車の呼び方に関する記事、
検索順位2位は内閣府大臣官房政府広報室の救急車が必要な状況や救急車の呼び方についての記事です。

救急車サイト

記事は救急車が必要な状況がわかりやすく説明されていて、さらに救急車の適切な呼び方についても順序立てて説明されているので専門性が高いです。
さらに、医師会や政府機関のサイトだという信頼性、権威性もあり、検索上位に表示されていることが分かります。

まとめ

「YMYL」について、実際の検索例を交えながら解説しました。
やはり、現在のSEO対策において「YMYL」は非常に重要な指標となっています。

ご自身でも「YMYL」についてのキーワードを検索してみて、上位のサイトを良く分析し、内容を理解しましょう。

そして、ご自身の運営しているサイトが「YMYL」に関連しているコンテンツなら、今一度コンテンツを見直してみてください。