ローカル検索とは?【スマホ時代のWEB集客キーワード】

MEO

スマートホンでお店を探すときに「地域」と「サービス」で検索をしたことってありませんか?

「歯が痛いなあ」って時に”近くの歯医者”検索
「ラーメン食べたいなあ」って時に”〇〇駅 ラーメン”検索
「お客さまと急な会食が」って時に”和食 個室”検索

これらすべてが『ローカル検索』です。

ローカル検索とは?【スマホ時代のWEB集客キーワード】

近くの検索が急増中

 

 

店舗名や住所情報などでお店を検索することを「直接検索」と呼ぶのに対して、「イタリアン 女子会」「渋谷 カフェ」など間接的なワードでお店を検索することを「間接検索」または「ローカル検索」と呼びます。

検索方法の種別

直接検索: 店名や住所などで直接的に検索

間接検索: 地域名とサービス名など間接的なワードで検索。これをローカル検索という。

意外とみなさん自然にローカル検索を使っていたりしませんか?

ちなみに、最近GoogleがTVコマーシャルで宣伝している『近くの〇〇検索』というのも、このローカル検索ですね。
このことからもGoogleが位置情報をベースとしたローカル検索に力をいれて、検索サイト利用者の利便性を高めようとしていることが分かります。

いずれにしても「今」「なにかが必要」と思っている人たちによく使われているのがこのローカル検索なのです。

スマホでのローカル検索は「今〇〇したい」人達が使っている

PCでなにかを検索する人たちは一般的に「じっくりと情報を集めたい」といった心理状態にあることが多いものですが、スマホでなにかを検索している人たちは「今食べたい」「今行きたい」「今聞きたい」といった非常にアクティブな心理状態にあることが多いです。

検索するデバイスによる意図の違い

パソコン検索: じっくりと時間をかけて調べたい

スマホ 検索: いますぐ、近くの情報を調べたい

つまり来店型の店舗オーナー様であれば、このスマホでのローカル検索においてご自分のお店がみつかりやすくしておくことで、売り上げに直結するような見込み客を取り込める可能性が高まるのです。

さあ「地域名」と「サービス名」でスマホ検索してみてください!
あなたのお店はみつけられますか??

MONOLISIX-MEOではローカル検索の順位を高めて上位3位以内の表示を目指します。
一度お試しいただければ、その即効性のある効果を体感いただけるはずです。

お気軽にご連絡してくださいね~